=TOP= of IHARA Lab@Kumamoto-U

熊本大学大学院自然科学研究科 井原 研究室
IHARA Lab., Kumamoto University

よ う こ そ

 核酸は、与えられた分子に対して特異的に結合する分子を比較的容易に設計・合成(人工合成)できる唯一の分子基体です。私たちの研究グループでは、1)天然の構造をもつ核酸の一部に、様々な機能を有する非天然の構造を挿入、あるいは付加したコンジュゲートを作製し、2)導入した機能に基づく分子認識の制御などの検討を行った後、3)バイオアッセイへおよび遺伝子発現制御への応用をゴールとして日々研究を行っております。すなわち、有機合成、物理化学、分析化学などを駆使して、生命の情報を化学的に取り出すための仕掛けを構築したいと考えています。タンパクやPNAなど、核酸以外の分子基体への拡張も視野に入れ、より一般的でかつ実用的なバイオアッセイ法の開発を目指しています。

 学内外からの大学院生(博士前期・後期課程)を歓迎いたします。また、日本学術振興会特別研究員なども積極的に受け入れます。お気軽にご連絡ください。

〒860-8555 熊本市中央区黒髪 2-39-1
熊本大学大学院 自然科学研究科
産業創造工学専攻 物質生命化学講座
Tel & Fax: 096-342-3873

井原 敏博
Email: toshi[at]chem.kumamoto-u.ac.jp


P1020811.jpg

Nucleic acid is a unique functional molecule, which could be designed so as to bind with any given target sequence based on complementarity. Chemically synthesized and modified DNAs are widely used as the genetic probes and regulators. Besides its main role as storage of genetic information, certain DNA exhibits special functions that are very useful in various scenes in molecular engineering. DNA aptamer is a class of the DNA molecules that bind with specific molecules. It is used as the interface between nucleic acids and other biomolecules. DNAzyme is the catalyst that accelerates specific chemical reactions. Elaborate DNA circuits have been designed and used for signal amplification, in which autonomous succession of strand exchange exponentially proceeds after the addition of a trigger.

Targeting a goal of in/on-cell chemistry, we have been constructing several molecular systems by dynamic programming of the functional DNAs and the DNA conjugates. For this goal, 1) we synthesize functional DNA conjugates by covalently combining DNAs and the molecules with desired functions. 2) Preliminary studies on molecular recognition and their incorporated function are carried out using physicochemical and biological methods. 3) Then, finally, their rationally combined systems are subjected to analyses for various biomolecules and regulation of gene expression. The basic techniques used in our research are organic synthesis, physical chemistry, analytical science, and biochemistry. The main fields to output our research are genome chemistry, chemical biology, and bioanalytical chemistry.

We are very happy to work with the graduate students from other countries (master and PhD courses). Please contact me to apply the Post-Doc fellowships such as of JSPS.

Prof. Toshihiro IHARA
Email: toshi[at]chem.kumamoto-u.ac.jp

Dept. Appl. Chem. & Biochem.
Kumamoto Univ.
2-39-1 Kurokami, Chuo-ku
Kumamoto 860-8555, Japan



2008, 09, 12
P. Arslanさん(D1)がPoster Awardを受賞しました。Joint Symposium of 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids and 35th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry
2009, 03, 10
アントラセン-DNAコンジュゲートの光化学ライゲーションに関する論文がOrganic & Biomolecular Chemistry(RSC, 王立化学協会)の 表紙 を飾りました
2009, 07, 09
HDクラッシュにより、以前のサイトのデータを紛失。よってやむを得ず全面リニューアルしました。
2010, 10, 01
北村裕介博士が中央大学から本研究室助教として着任しました。
2011, 10
二村朱香さん(D1)が日本学術振興会の特別研究員に決定しました。
2011, 09
北村裕介助教が日本分析化学会奨励賞を受賞しました。
2012, 07
二村朱香さん(D2)が分析化学会九州支部奨励賞を受賞しました。
2013, 04
東北大学寺前研究室(西澤研究室)との共同研究、CyD–DNAと蛍光性色素を使った塩基認識に関する論文が Chemistry-A European Journal (Willy-VCH) の 表紙 を飾りました
2013, 11
宮端孝明さん(M2)がPoster Awardを受賞しました。7th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2013)
2014, 07
宮端孝明さん(D1)、壹岐彩香さん(M2)がポスター賞を受賞しました。第51回化学関連支部合同九州大会
2015, 02
古園君、白浜さん、大浦君が頑張ってくれたΩ-DNAの論文がNature Communicationsにアクセプトされました。
2015. 04
Ω-DNAの研究を、日刊工業新聞、西日本新聞、熊本日々新聞で取り上げて頂きました。

LinksLinkIcon